加齢のサインを見逃すな!老眼チェックにトライ【予防の方法もある】

Menu

手軽に確認できます

本を読む人

セルフで確認しよう

40歳前後になってくると、だんだんと色々な部分で自分にも老化現象が起こってきたなと感じるようになります。具体的には白髪が出始めたり、近いものを見ているとピントが合わなくなったり、階段を上ったりするとすぐに疲れたりという現象です。特に40歳を超えたあたりに多くの人が感じるようになるのが老眼です。今まで本を読む時に普通に読めていた字が本を遠くしないと見えなくなったり、腕時計を見る時に今までよりも腕時計の距離を遠くしたり、こうしないと字が読めなくなります。老眼かなと感じたら、その時に行っておきたいのがセルフチェックです。どこにいても自分で簡単にチェックができます。この方法で老眼チェックをする人は結構たくさんいます。テレビでも簡単なセルフチェック法として紹介されていますし、口コミ等でもとても評判が良いです。具体的な老眼チェック方法は、自分の手の人差し指の指紋がどれだけ近くではっきり見えるかです。目の近くまで人差し指の指紋を向けて、少しずつ遠ざけていきます。この距離が30センチ以上にならないと指紋が確認できない状態になった時は、老眼の可能性が高いです。この段階ではきちんと老眼チェックを改めて行ってもらうために眼科を訪れましょう。眼科できちんとチェックしてもらった上で、その後どうしていくべきか、老眼鏡等を含めて確認していきます。何もせずに我慢して老眼で生活していくのはとても辛いですし、目を酷使するだけですから、早めにチェックすることです。

Copyright© 2018 加齢のサインを見逃すな!老眼チェックにトライ【予防の方法もある】 All Rights Reserved.