加齢のサインを見逃すな!老眼チェックにトライ【予防の方法もある】

Menu

近くが見えないという現象

女性

道具も時間もいらない

人間は生きていくために、視覚聴覚触覚臭覚味覚といった五感を頼りにして周囲の情報を取得するのです。中でも視覚は周囲の環境を知るために、重要な位置を占めている器官であることをご存知でしょうか。また眼球の構造やどのようにして視覚を得ているのかなどの、知識についてはいかがでしょう。人の体は加齢によって様々な老化現象がおこるので、目もやがては老いていくことになるのです。この症状はいわゆる老眼と呼ばれるのですが、治療方法として遠視と同じレンズを使用することから二つは混同されることもあります。眼球の外壁であり無色透明な角膜の奥にあるのが、水晶体であり更に奥には網膜があるのです。遠視とはこの水晶体の焦点距離が大きすぎて、網膜で上手く焦点があわないために近くの物が見えづらい疾患になります。一方で老眼とは老化により水晶体の弾力性が弱まったことで、網膜に焦点があわせづらくなるのです。年齢が関係なく症状がみられる遠視とは違い、男女の別なく老化現象としておとずれるのが老眼になります。一般的には老眼がおこるのは、40歳前後からであるとされていましたが、スマフォの多用によって20代から発症する例もあるのです。どちらにしても対応策が必要になるので、発症しているのかそうでないのかをチェックする必要があります。眼科に来院しチェックしてもらうのが簡単でベストですが、面倒くさいし時間がないのなら自宅でできるセルフチェックをしてみてください。チェックの方法は人差し指を目の直前にかざし、徐々に距離を長くしていってピントがあったところが近点になります。近点と目の距離が30センチメートル以上離れていたら、老眼の可能性が高いので眼科で診察してもらいましょう。

Copyright© 2018 加齢のサインを見逃すな!老眼チェックにトライ【予防の方法もある】 All Rights Reserved.