加齢のサインを見逃すな!老眼チェックにトライ【予防の方法もある】

Menu

自分で判断ができる

メガネ

目安になる

小さな文字が見えにくくなってきたら老眼の可能性を疑ってみます。細かい検査を眼科で行えばすぐに判断ができますが、眼科に足を運ぶのは気が重いものです。一方老眼チェックは自分でもできるのが特徴で、簡単にできると評判です。まず症状をチェックします。薄暗いところにいると目が霞んだり小さな文字を見続けた後に頭痛や肩こりの症状が出る、文字を読むのに30cm以上離れないと判別できないという症状があれば、老眼の可能性が高くなります。また早ければ30代でなる人もいますが、多くは40代半ばに発症します。自分の年齢からも老眼の可能性が判断できます。このような症状や年齢の条件が当てはまったら、見え方からも自分でチェックします。老眼チェックはさまざまな方向から判断ができる特徴があります。まず自分の指紋がはっきり見える位置を知るために、人差し指の指紋を見てどのくらい離れたら一番よく見えるかを調べます。これが30cm以上離れていたら老眼を疑います。目は遠くや近くを見る度にピントを合わせていますが、老眼だとこのピント調節がうまくいかずに細かい文字が見えにくくなります。そのためどのくらい離れたらよく見えるかを計測すれば、自分に老眼の症状があるかが簡単に分かります。さらに似た症状にスマホ老眼があります。これは加齢が原因になっているものとは違い、一時的なものが多いため目を休ませたら元に戻ります。似た症状であっても本当の老眼なのか自分で簡単にチェックできる特徴があり、手軽だと評判です。

Copyright© 2018 加齢のサインを見逃すな!老眼チェックにトライ【予防の方法もある】 All Rights Reserved.